T-REX150X

頼まれ物でT-REX150Xを触ってみました。

150x3.jpg

機体の設定はスマホアプリから設定できますのでそんなに難しくないと思います。
調整で大事?なのは、まずはハイピッチとローピッチの設定をきっちりすることですね。
目で見ないでしっかりピッチゲージで合わせることですね。
最初目でやっていたらピッチが多すぎてホバリングで上下に暴れました(笑)
初心者の方は機体側のハイローのピッチを少なめにしてから合わせた方が送信機のピッチカーブをシビアに調整しなくても出来ると思います。

3Dもピッチ少な目から調整した方が楽でした。 0-50-100のフルピッチカーブで正面上昇して引き具合を機体の設定のハイピッチで合わせてから背面に入れて背面上昇を機体の設定のローピッチで合わせたら楽にできました。
ちょっと引き気味に合わせて送信機で減らすくらいが良いと思います。

フライトしてみると非常にいい感じで飛びますね。ピルエットフィリップも出来ちゃいますし、ラダーもいい感じで抑えます。
好みにもよりますが、私は機体設定は上級で3D時にD/Rを100%のEXPをー20%位にしました(フタバ14SG)

で、調子に乗って飛ばしていると・・・いきなりラダーがおかしくなり落ちました。
何でかな?と思いまた飛ばしてみると(小さいからか無傷でした)数分後にまたクルクルと回り墜落・・・・
計3回墜落しました???

何故かな?と考えながらかたずけていたら・・・・・

150x4.jpg

ここのコネクターが半分抜けました

推測ですが、飛行中に遠心力で外れる方向なんで緩んで接触不良でテールモーターが止まったのかも?
テールが止まるとピルエットしますから、この方向にコネクターが付いていると外れる方向になりますよね?
半抜けで飛んでいてプルフリしていて遠心力で抜けたのではないかと思います。

150x2.jpg

抜いてみると解りますが、これなら遠心力で抜けてもおかしくないですね。
とりあえず3ピンなんで外の2本をハの字にして差し込んでホットボンドで固めておこうかと思います。

次回これで飛ばしてみます。

ちなみに3回の墜落で壊れたのは芝生の飛行場ではキャビンのひび割れだけでした。
この機体なかなか面白いですね。

150x1.jpg

アラインのサイトみてやってみたのですが、3セルリポで充電できそうですね。
(取説には書いてないのでやられる方は個人の責任で・・)

このヘリ面白いなぁ・・・
スポンサーサイト

T-REX700DFC

3_20150613225604897.jpg

600DFCに続いて700DFCです。

アラインのエンジン機は2機目ですが、700DFCは気になるところがありました。

2_20150613225603de1.jpg

ピニオンギヤの上部に加工がされていますが、これは

1_20150613225602fd9.jpg

ベアリングの部分を強化してあるんですね。確かにベアリングの方が固くてピニオンがすり減ってガタが出ますが、その対策をしてあるんですね。

5_201506132256075ad.jpg

テールギヤを組んでいて動きが渋かったので、調べてみたら.....

6_20150613225704ae7.jpg

以前FORZA450で解説してました、この部分の樹脂を削るとスムースに動きます。

7_201506132257055b6.jpg

キャビンを固定するピンは純正は取り外しがやりにくいのでタミヤのピンに変えています。
最近テストをしているのでキャビンの取り外しが多くてピンを何個も無くしてしまいました。
で、ヒモを付けて(ウチに釣り糸が無かったのでとりあえずタコ糸で)

8_2015061322570767b.jpg

グロメットに挟み込んで外しても無くさないようにしてみました。

9_2015061322570865e.jpg

これで紛失しないですね(やっぱり釣り糸に変えよう)







ALIGN GPROジャイロを試す

IMG_1784.jpg

アラインのジャイロを450に搭載してみました。

IMG_1785.jpg

REX600 ニトロDFCスーパーコンボに付属していたGPROジャイロ。
どんな感じか気になります。
まだ600を飛ばしに行く時間が無いので、近場で飛ばせる450に搭載してみました。
搭載は簡単で、受信機の選択やサテライト(DMSSも使える?)も出来るのですが、サテライトのコネクターを改造しないといけない?ので、S-BUSでもX-BUSでも無い普通の受信機を使いました。(選択肢が多くて便利ですね)
そういえば、受信機とジャイロの接続ケーブルもジャイロ設定のPCにつなぐUSBケーブルも付属していますね。
ジャイロの初期設定はちょっとややこしいですが、1度やれば次は簡単にできると思います。

IMG_1787.jpg

このジャイロの特徴のBluetoothユニットも買ってみました。
これを使うとスマホやタブレットで調整が出来るので非常に便利なのですが.....

IMG_1786.jpg

forza450の場合キャビンをつけるとコネクターがあたるので飛行しながらの調整は断念しました.....


IMG_1788.jpg


もうみなさんご存知かと思いますが、アプリをダウンロードするとタブレットで使えます。
所々変ですが日本語で表示されますね(笑)

機体の初期調整はPCでやったほうが楽でした(英語表記ですが)

とりあえず初期設定で飛ばしましたが、TAGSミニで作った私の好みの設定とはちょっと違う感じですが、
デフォルトでも想像以上に良かったですね。

軽くですが設定してみましたが、とりあえずはいい感じになりましたね。
ラダーの感触と機体全体のHOLD感がちょっと合わないですが、これは調整で何とかなるのでは?て感じです。
ただ、飛ばしていて反応と安定感は良いと思いましたね。
途中からキャビンを外してらBluetoothユニットを機体に取り付けたままにしてフライトすることにしました。
ここからはサクサク調整ができるので楽ですね。
今の状態まで4フライトなのでPCに繋ぐより設定する時間は早いですね。

飛ばしていて思ったのはジャイロの処理能力が早い感じがします。
それと大きなヘリを飛ばしているような安定感が感じられます。
まだハッキリわからないですが、なかなか面白いジャイロですね。
時間があればもっと研究してみたいと思います。


プロフィール

s-room

Author:s-room
ひとまずここで復活です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
新たなS-ROOM
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR