スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨコモ DIB

DSCN1242.jpg

ヨコモDIBです。

このマシンは2台目で、去年の3月から投入しました。
1台目は中古調整済みのTA05だったのですが、自分で組み立ててみたくて買ってみましたが今はコイツがメインマシンですね。
DSCN1243.jpg

セッティングはモーターが10.5T・スパー120Tのピニオン33T・アンプはスピードパッションでブースト、ターボ共にOFF・ケツカキが1.5倍のフロントキャンバーは8度・リヤは6度フロントは結構トーアウトのリヤートーは2.5度・キャスター角は約13度のアッカーマンは殆どゼロです。
ダンパーはRC926のソフトにリヤはハイブリッドスプリングですね。
ホイルはHPIでオフセットは前後9だったと思います。
基本これですが、毎週違います(笑)
決まらないというかまだ模索中なんですよね。
DSCN1244.jpg
そうそう、OPTのCハブでない物に変えてますね。あと切れ角を上げてますからドライブシャフトを55度対応変えています。
キャスターをもっと増やすと全切りでポジになるんでまた変るでしょうね。

DIBはトラクションが掛かるというか、良く前に行くマシンですね。
他のマシン(05やゼオン)に比べると横になりにくいというか横で付いていきにくいような気がします。
浅角でいった方がどんどん前に行く感じですね。バッッテリーが縦置きだからといってました。
多分上手い人はこのマシンでも前車に角度合わせて走れるんでしょうけど私にはまだまだ無理ですね。

今はS13を使っていますが、最近13がお気に入りです。度重なるクラッシュでフロントバンパーを大破して今はRCARTのバンパーをつけて再生しています。
ドリフトのあの速度でもボディの違いが有るんですよね。
86とかだと全然変るんですよね。180も全然違います。
スピードと言うより重心が変るらしいです。(180は前が長いからとか)
後ろにGTウイング付けるだけで変っちゃいますからね?!

初めてちょうど1年で、最初の数ヶ月でコース走れるようになりましたが、ココからが深いです!
ヘリ初めてソコソコとんだ時に競技会を目指すみたいな感じですね。全然内容の濃さが違いますよ!






スポンサーサイト

タービュランスD3V2

DSCN1252.jpg

タービュランスD3V2です。
ヒロボー最新タイプですね。前モデルより450g位軽いのかな?あとはショートマストにショートシャフトのエンジンがのりますね。

タービュランスは原型になる前から知ってますが、このV2はほぼ完成形から触ってますね。
DSCN0678.jpg

こいつが最初に見たV2です。殆ど完成してましたね。

DSCN1253.jpg

メカはJRハイボルテージにTAGS01ですね。エンジンは今はYS91SRXタレクが乗ってマフラーはハットリ90FSー3D・4がついてます。(タレク仕様になるかな)
v2になってインラインクラッチに戻ったので、芯だしが大変なのとタービュランスよりエンジン脱着が面倒なので余りのせ変えはしてないですね。
私はショートシャフトは使用せず標準で組んでいます。これだと色んなエンジンのりますからね。
DSCN1255.jpg

このヘリはNX4並みにメカを積むのが大変で、すぐにキャビンに当たってしまいます。
CGYだと楽でしょうね。
TAGSも標準からチョイいじってます。HOLDゲインを減らしている(2か3だったけな?0だとちょっと不安定)位いですかね。後背面オートロ対策でもいじってるかな?

とにかく軽いのでやたら飛びます。REXだとこれくらいなんでしょうね。

追記

DSCN1297.jpg

小ネタですが、尾翼の固定がリジットなのでV1の様に防振ゴムを入れました。
タービュランスV2で尾翼がビビりが消えない方は試してみてください。




タービュランス D3

DSCN1251.jpg

ヒロボーのタービュランスD3です。
タービュランスD3にカーボンフレームを搭載。メカはフタバが付いていますが、今は送信機はJRXG11を使用しています。
DSCN1249.jpg

エンジンは今はOS91HZ-R・3Dが付いています。最近何かのテストをしたのだけどなんだったけ??
エンジン脱着が非常に楽なのもありますが、とにかくこの機体ほど色んなエンジン乗った機体はないですね。8種類位のせてるんじゃないかな?いまだに色々頑張ってくれてるマシンです。

バーレスにしてみた事も有るけど、結局何時もここ1番の役目の時はバー付ですね。
DSCN1248.jpg

ヘットも年代物ですね。良く働いてくれます。何かテストするときの基準?のようなマシンですね。

YS120用のマフラーをテストしている時の動画(2010年かな?)が出てきたのでアップしました。
昔から様子を探りながらのフライトは結構緊張しますね~



d3x2.jpg




ケツカキドリフトを始めて

DSCN1242.jpg


以前から等速ドリパケで遊んでいましたが、あるときsinさんとケツカキの研究をしていました。
その後あるとき知り合いからの紹介で本格的にコースでドリをする事になってちょうど1年経ちましたね。
知り合いがコースを経営し始めた事、店が会社帰りにある事、営業時間が夜12時までという事もあってか練習しましたね。車なんて・・て考えると思うんですが、これが難しい!1年経っても全然まだまだです。ここまで練習しても?て思うくらいです。でも考えてみたらヘリも適当になら飛びますが、F3Cとなると大変じゃないですか?ドリもコースで滑らしながらライン取り考えて走るんですから大変ですよ・・・・
でも集中力の付け方や考え方とかヘリに役立つ事もあるんですよ。何でも極めようとすると似たような道を進むもんなんですね。
私はまだまだできないですが最近やっと見ていて解るのが、本格追走とかなると心理戦なんですよね。

今の私の走りです(まだまだだなぁ・・・)

ハットリ GSH15-3D

DSCN1240.jpg

OSGT-15ガソリン用3Dマフラー GSH15-3Dです。
マフラーは2月位に発売されると思います(汗
機体はヒロボーフレイヤEVO・OP2・SWMです。
バーレスではないです。ギヤ比は8.27:1になっています。
ローターはDYTR700のプロト(現行品とは色が違うだけ)が付いています。
この機体ローター込みで5100gも有ります・・・・
ですが、なかなか元気に飛んでくれますよ!
この頃の動画は最初の最初なんで探りながら飛行していますが、今は更に無茶してますよ。
燃料は何ですか?て良く聞かれるんですが、ホームセンターの混合済み燃料ですよ。
混合済み燃料でも悪いのに当たると調子悪いらしいですね??
ちなみに私はコメリと言うホームセンターの物です(笑)

ヒロボーから発売されたGT15用ロアフレームを搭載しています。
最初は自分で削り倒して積んでましたが見た目が良いので交換しています。
ガソリンエンジンの搭載の注意は燃料チューブをガソリン用に交換する事ですね。
それとヒロボーは燃料タンクのキャップがガソリン専用の物があるので交換しておいた方が良いですね。
(そう言えば昔イーグル2GSというヘリがありましたね)

DSCN1241.jpg

ガバナーを搭載しています。回転数は1930rpmにしています。
マフラーはプロトなので画像はまた後日upします。

訳あってまだフレイヤに乗ってますが今度はタービュランスD3V2とかVIBE90SGに載せてみたらどうかな?て考えてます。
おそらく600g位軽くなるのでは?しかもバーレスなんで軽さ+機敏性upですね。


GAUI NX4

DSCN1235.jpg

GAUINX4です。 37エンジンで爆裂飛行が出来る面白い機体です。
ローターはDYTR435にマフラーはハットリ40HNS-2です。
本当は37NS-3Dを付けて2800rpmでぶっ飛びなんですが、ノーマルマフラーを使うとローター回転を下げて飛ばせるんですよ。
今2750rpmと2300rpmを使い分けています。2300rpmだと凄く静かで飛びも滑らかでいい感じなんですよね。
DSCN1237.jpg

メカは今の所CGYを使っています。ホントはTAGSを積みたいんですが、もう少し待ってからにします。
DSCN1238.jpg

サーボはJRFBLです。 
NX4を組んだ方なら解ると思いますが、何か変でしょ?
JRのサーボが乗るようにある特注パーツを使っています。
コレ売れるでしょうか?

この機体微妙に小さいので持ち運びが楽ですね!
いろんな意味で楽しいエンジンヘリですよ。






とりあえず復活してみました。

10年以上やっていたS-ROOMですが、今回は復帰するめどが??なので自分の覚え書き?みたいな感じでこちらで復活してみました。

本家が復活する(のか不明?)まではこちらを活用したいと思います。

宜しくお願いいたします。

DSCN1124.jpg
プロフィール

s-room

Author:s-room
ひとまずここで復活です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
新たなS-ROOM
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。