スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YS60SRと60NS-3Dの調整

私がいつもやっているYS60SR&60NS-3Dでの慣らしから調整までの方法です。(色々な調整方法の1例として見てください)


キャブのリンケージは差動をつけずに送信機のスロットルカーブ値が50%ならキャブも50%になるようにしておきます(今キャブがどれ位開いてるか解り易くする為)

まずメイン・サブニードルを開けます(私のエンジンの場合はメインが2回転半のサブが1回転半)

スローが濃い目でも我慢して(チューブをつまんだりして)濃い目でホバリング(約1600回転位)に入れて慣らしをします。
数フライト慣らしたら、ガバナーを使用して(ローター回転は2000位)機体を離してアイドルアップに入れてホバリングします。
この時もニードルが薄くならないように調整してください。
これで3D時の大体のメインニードル位置が解ります。後はアイドルアップのホバリングからフルスロットルまでの垂直上昇して大体のサブニードルを決めます。サブが濃すぎるとエンストしそうになる時がありますが、その時はホバリング状態まで戻してください。最悪エンストしても垂直上昇しているのでオートロ着陸で回避できると思います。

これでメイン・サブニードルの8割は調整できたと思います。
ここからは1コマずつ絞り込んで(メインを調整してからサブを絞ります)いきます。
恐らくですが、キャブ開度のホバリング手前35%位?から70%位までがメインニードルの領域となります。
この領域が今回の私の機体の大半の3D演技(フィリップ・ピルフリ・メトロ等)のニードル位置になると思いますのでここで薄くならないようにします。
ただし、スロットルカーブやニードルやローター回転数が変るとキャブ開度が変って来ますので、サブニードルも関係してくると思います。

それが解った?のが、以前エンジンメンテ後の調整で数分間何か焼け気味だな??て飛ばしていた事が有りました。よく見たらサブニードルが全閉でした(汗
最初にやっていた軽いフィリップとかメトロとかの技だとキャブ全開にならなかったから大丈夫だったんでしょうね。

私は最終的なニードルは高速の上下やサイドメトロをやって薄くならない所を探していますが、YS60なら濃い目でもよく飛びますね!それとYSの場合はサブタンクが効果有りです。

3Dの調整が終わったらノーマルのホバリング調整ですが、私ははニードルは触らずにスロットルカーブを数値を変えて綺麗に回る所を探して調整します。
それと慣らしが終わったらプラグを新品に交換しています。

あと良く聞く症状で、スローからホバリングでエンストする症状ですが、私はスローを濃い目にします。
多分ですが、スローを薄くするとメインニードルに変る所で急激に濃くなるような気がします。
なのでスローを濃くして境目の落差を無くしたらいいのではないかと思います。
私の機体ではスローを濃くしたら改善されました。






スポンサーサイト

アライン RCE-6600ガバナー ※追記あり

アラインガバナーを試してみました。

アラインガバナーは以前から知っていて1つ持っていたのですが、REXが軽いから軽快に動くと思い込んでいて、ずっとおいてありました。

先日ふと思い出したのとある方との話でやる気になり、やってみる事にしました。

取り付けはSDXなのでガバナーステー(エンジンと一緒に固定する場合)が必要になります。
私はMプロ製ガバナーステーが有ったので、これを使用しました(フタバ製でも可)

IMG_5168.jpg


私のお約束?でセンサーはエポキシを塗って油・振動対策をしておきました。
ガバナーマグネットの極性はフタバと同じだったので私の場合そのまま取り付けるだけです。(一応確認してください)

IMG_5167.jpg



本体がコンパクトなので、取り付け場所に困らないですね。
配線はスロットルCHとON・OFF・回転数用はAUX2にさしました。(TAGS01を使用)
設定もスロットルのキャリブレーション?だけでOKなので非常に簡単です。

私は送信機(JR XG11)のミキシングを使用してON・OFFしています。

IMG_5173.jpg

デバイスセレクトでAUX2をINHにします。

IMG_5170.jpg

PMXでFMOD→AUX2にミキシングをかけます。

AUX2のTADJは100%・100%にしてください(これで最大で18600rpm位になります。)
因みにエンジン回転を最大21000rpmで使用したい場合は150%・150%にしてください

ノーマル・アイドル1・2 ホールド位置にポイントを作ります。
私はノーマル・ホールトがOFFになるように(-100)しています。
このMIXを使用してノーマル・HOLDはガバナーのLEDが赤でアイドルアップに入れたときに緑になればOKです。
もし逆に動く場合はAUX2のREVを確認してください(私はNORMになっています)
大丈夫でしたらTHROとAUX2にF/Sを入れることをお勧めします。
私はフライトモードノーマルのアイドリングでTHROとAUX2にF/Sを入れています。
確認はフライトモードにいれて送信機の電源を切るとスロットルがアイドリングになり、ガバナーのLEDが赤になっていればOKです。

アイドルアップのMIX量は飛ばしてみないとわからない?のでとりあえず60%くらいにして始めてみます。
事前これで準備はOKです。

飛行前にもう1度確認してフライトしてみました。

アイドルアップに入れるとガバナーが働いていました(恐らく1600rpm位か?)
回転数が低かったのでMIXを数値を上げていくと私の場合100%くらいがいつもの回転数になりました。
3Dをやってみるとガバナー無しにはかないませんが、なかなかレスポンスが良いです。
なかなか良いので現場でもう1機のYS60SR仕様のSDXに載せ変えてみました。
するとこちらは高回転時にガバナーがOFFになる?現象がでました。
アイドルアップ時のスロットルカーブが入っているのでそのカーブの動きをしているみたいです。
恐らくですがこの機体のガバナーのマグネットが劣化して高回転時に上手く検出しないのでは?と思います。
そういえばこの機体(GY701ガバナー)たまに回転数が変化する事がありました。
よく考えるとこの磁石はかなり前から使っているので次回マグネットを交換して再度チャレンジしてみる事にします。

そう言えばもう1機このような現象を起こす機体があります。
ひょっとしてマグネットの劣化かも??

そう言えばこのガバナー今ではオークション等で結構安価で販売されていますね・・・・
このままトラブル無く好調なら私のお気に入りガバナーになるかな??

追記

YS60機のガバナー過回転の原因が見つかりました。
磁石を変えても変化が無く、色々と調整するとMIX量が低くすると(OS機は100でYS機は65)
調子よく動きました。
で、その原因は送信機のAUX2のT・ADJの数値がOS機は100%・100%に対してYS機は150%・150%になっていたんです。

ガバナーのデーターを見るとAUX2のTADJが100%でMIXが100%だとエンジン回転が18650rpm位になるんですね。

それがTADJ150%でMIXが100だとエンジン回転数が21000rpmになってしまうんです(汗

なのでOS機と同じMIX量を100にするとローター回転が2500rpm位なる設定になっていたのです。

まだフライトしていないので解らないですが、先ほど待機中に何気に見ていて気がつきました!
多分これで問題ないはず???

多分ですが3GXジャイロ内臓ガバナーもこのMIXで出来るのではないかな?
そのうち入手して実験してみようかな・・・・


OSGT-15HZいろいろ

OSGT-15HZのいろいろです。

私個人が思ったこと、いろいろあったことを書いてみます。

まずニードル調整ですが、濃いところから合わせていくのが基本です。
なので慣らし後は1タンクフルに甘いのでは?と言う位でフライトして、そこから細かく調整してみてください。
大事なのはグローの91エンジンのパワーが出ると思わないことです。
ついついパワーを出してしまおうとしてしまいますが、グローの91まで要求すると無理があります。
チューンドGSH-153Dだとそのあたりのパワーが出ますが、あくまでもノーマルよりパワフルになるので、余裕が出来るという調整が無難だと思います。
後燃料の差が大きく出るようです。混合比やオイルとかですね。
私はホームセンターの混合燃料を使っていますが、メーカーによってかなり混合比が違いますので購入する時は気をつけてください。
混合比は25:1が良いのですが、それでもグロー燃料のオイル比に比べると少ないのでニードルがシビアになると思います。

先日標高500mのところでフライトしてきましたが、ニードルが濃い目でした。
普段0mの所なので標高が高い分濃くなったのですが、これが逆だと薄くなるので標高が高い所から低いところで飛ばすときは気をつけたほうが良いですね。

あとタンクの不調を見かけました。
燃料チューブがガソリン専用なのでグローのチューブとは硬度が違うのもあると思うのですが、機体の姿勢で薄くなったりする現象をみました。
私が見た機体は水平なら普通なのですが傾けると薄くなります。

私もテスト中に何度かエア混入?な事有りました。それで思うのはサブタンクはどうなのかなと考えています。

マフラーテスト中に1度エンジンを壊した事有ります。
その原因は過回転でニードルがうすくなったことです。
ノーマルマフラーで全開飛行をしていて回しすぎが原因でした。
逆に3Dフライト時にはガバナーを使用しているので過回転は無いので問題無しでした。

実は3Dフライト時に1度墜落した事あるんです・・・・
それはテストした3Dマフラーが良く飛んだので調子に乗ってガンガンやっていたらイグナイターのBATTが脱落してエンジンSTOPしました(汗

なんだかんだでホームセンターの1L・2L混合燃料を結構買いましたが、これなら自分で混合した方が安いのでは?なんて思ったことありました。
しかし考えてみるとその都度未開封の燃料を買っていたので1度に多くの混合燃料を作って長期に使うより燃料の状態が安定していたのかな?と言う考えも有りますね・・・・







プロフィール

s-room

Author:s-room
ひとまずここで復活です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
新たなS-ROOM
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。