FORZA450の更に色々・・・・・

DSCN1528.jpg

FORZA450を更に色々やってみました。

下記の内容は私個人の見解です。試される方は自己責任でお願いします。

最近色々研究しているFORZAですが、今回はTAGSミニの設定もいじってみました。
簡単に言うとスタントモードのエルロンとエレベーターのPとIを20位増やしてみました。
そしてHOLDゲインを3に減らしました。
私的にはこの方がピルエットしやすいと思います。
数値を上げるとハンチングが出るかもしれませんので気を付けてください。

と、言うのは私はギヤ比を色々試しています。
ある条件でピッチ方向に突然暴れるように飛んでしまうことがありました。
私のFORZAの使い方だと(まだ推測)ローギヤードの方が扱いやすいですね。
ローギヤードにすると暴れなくなりましたね。
なので皆さんのFORZAよりローター回転数が低いかもしれないですね。(だからPとIを増やせたかも?)
ピッチを入れたら入れた分動く感じになりました。
今は寒いのでリポのパワーも出にくいので回転の安定にもつながりましたね。
逆に考えるとハイギヤーにしてピッチを減らす事も考えられますね。
テレメトリーセンサー付けて回転数を計測してみたりとこの辺りの数値等は来年にでも書いてみたいと思います。

DSCN1534.jpg

私はテールローターの色はこれを愛用しています。
草の多いところで飛ばされるならこの色だと汚れ目立ないですね(笑)

DSCN1526.jpg


今回リポケースを入手しましたが、これ450のリポだとたくさん入りますね。

DSCN1527.jpg

3S2200なら9本は入りそうです。
これならちょっと練習(私もイイ年ですが電動の動きに慣れるために練習してます)でリポケースに9本入れば、あとは機体と送信機と手軽にいけますね。





最後に今年の更新はこれで最後となります。

今年S-ROOMをこちらで復活させてもうすぐ1年が経とうとしています。
S-ROOMがこちらに変わってご覧になってくださる方々が今年後半の後半からブログの内容が変わってきた(電動?)と思われた方もいらっしゃると思います。
その理由ですがブログの内容が変わった辺りから転職いたしまして記事の内容が変わっています。
勿論エンジン機もやってますので、エンジンネタアップする事有りましたらエンジン機での更新もありますので
今後ともよろしくお願いいたします。
















スポンサーサイト

E6いろいろ・・・


DSCN1523.jpg

すでに皆さんやってらっしゃる方もいるかと思いますが、E6のいろいろを・・・+

注)改造や説明書に無い使い方は私個人のやり方ですので、実行される方は個人の責任でやってみてください。

DSCN1519.jpg


ピニオンギヤを外す時に下のプレートが当たってしまいますので、私は丸穴を楕円にけずりました。

DSCN1521.jpg

こうするとピニオンが外しやすいので、アンプ設定やギヤのメンテや交換が楽になりましたね。

DSCN1522.jpg

E6はパイプドライブなのでテールの調整が結構シビアに感じます。
テールがフラフラする時はジャイロ感度やテールグリップのベアリングの場合もありますが、写真のべベルギヤのバックラッシュを確認してみてください。
テールシャフトが左右にガタつくときはキットに付属していたポリスライダーを入れて調整してみてください。

そのテールのべベルギヤですが、E6のフロント側のべベルギヤは金属製でできていますね。
これは3Dフライトのラダーのリバース技にも対応出来るように金属ギヤになっています。
金属ギヤがかみ合う部分ですのでグリスアップ(モリブデングリス)は欠かさないようにしないといけないですね。

DSCN1515.jpg


私はラダー左右切り替えし技をしないので、試しにE6-500用の樹脂べベルを使用してみました。
片側(交換しやすい方)だけ変えてみました。
樹脂どうしや金属どうしより、樹脂と金属の方が減らないような気がしますので。
交換するときは金属べベルについているモリブデングリスを綺麗にに拭いてください。
でないとモリブデングリスが樹脂ギヤを削ってしまいますからね(汗

もし試される方は自己責任でお願いします!

追記

私の機体で3D中にラダーがピクつく症状がありました。
多分フロントのべベルギヤのバックラッシュかグリス切れによるノイズ?ではないかな?と思ってました。
そこで上記の金属と樹脂のべベルにしてみたら、ラダーのピクつきがなおりました。
勿論3D飛行しましたが、私のフライトでは樹脂べベルでも大丈夫そうです。






FORZA700登場!

_88343.jpg

来年FORZA700が登場します!
画像はCGですが、来年ドイツのショーで発表されますね!
プロフィール

s-room

Author:s-room
ひとまずここで復活です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
新たなS-ROOM
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR