スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーボホーンの大きさとは?

これはかなり前に書いたことがあるネタ?です。

サーボホーンの大きさはどれくらいが良いのか?という問題。

これも私個人の見解なのでご参考程度に・・・

まずラダーの場合、私はハンチングさせて判断します。
勿論ラダーサーボに良くないのでスグに解除(感度を落す)しますよ。

その理由はハンチングの幅を見ているんです。
私が思うにハンチングの幅が広いと修正が遅れていると言う事なんですよね。
結論は一番ハンチング幅が小さくなる様にサーボホーンの大きさをかえています。

ジャイロの動きは
ジャイロ→ラダーサーボ動く→テールローターが修正→それをジャイロがひらう・・・の繰り返しなんですよね。(確か・・・)
なのでこの動きがスムースになれば(最適なテールローターが付いている)ハンチングの幅が小さくなるはずです。

以前有るジャイロを使った時に感度が40%を切った事が有ったのですが、調子が良かったのでそのまま使っていました。
それを見た人が?!?て言われましたが私は良かったのでそのまま使用していました。

それで思い出したのが、初代スカディで、あの機体は感度100%でホバリング出来るという話を聞いてました。
確かにそうなのですが、私はあのテールローターでピルエットループしたら死にかけました(笑)
あの時3Dに使う揚力が無いからホバリングでハンチングしないんだと思いましたね。
なので当時私はスカディにフレイヤの樹脂テールをカットして(後にジグソーカーボン)再調整して使用していました。
あれから3DがブームになりスカディEVOになってセカンドギヤが変ってギヤ比を替えたんですよ。
テールが4.6から4.77(だったっけ?)に増速されています。
更にSDXになってテールローター自体も変りましたね。



話は戻りますが、最近気になっているのがFBLのサーボの調整ですね。
FBL機はヘッドにMIXレバーが無いのでサーボ(スワッシュ)の動作角が少ないですよね。

最近SDXを120度にして使っているのもそれが理由なんです。
バー付きでも120度と135度ではスワッシュAFRの数値が違います。
135度の方が動作角が大きいですね。
それで思い出すのが、SDXを135度から120度に変えるときにレバーのボール位置が内側になるんですよ。
バー付きではMIXレバーで減衰されるのでそれほど負担が掛からないのか?余り気になりませんでしたが、ふとF3Cフライヤーの方がフレイヤのエレベーターのサーボホーンを小さくしていたのを思い出しますね。

となるとFBLだと顕著にあわられるのか?

と言うのは先のスカディの話の反対バージョン?でSDXで3軸ジャイロで感度が上げれませんでした。
TAGSは説明書に書いて有るように感度を上げないと舵が入らないジャイロなのです。
なので試しに135度から120度にすると感度を上げる事が出来ました。
更にサーボホーンを1つ内穴にしてみると更に感度が上がり、舵が入るようになりました。
海外サイトでジャイロは?ですが、SDXのサーボホーンを10mmくらいで使っている画像が有りました。
ひょっとしたら10mmでもOKじゃいないかな?なんて思ったりしています。
しかしピッチのスピードが落ちるんではないか?円運動だし?とか躊躇している所もありますが(汗
もっと良くなる可能性も有りますが、その後FBL専用サーボにしたら一気に良くなったので、私の腕ではここで満足してしまって研究?が止まっているのもありますが(笑)

近日中に10mmにして試して見ます(汗

と言ってラダーのように流石にエルロンエレベーターをハンチングさせて確認するのは怖くてできませんね(笑)

この辺りも更に考えて色々実行する必要ありですね・・・・・





スポンサーサイト
プロフィール

s-room

Author:s-room
ひとまずここで復活です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
新たなS-ROOM
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。