スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSGT-15HZいろいろ

OSGT-15HZのいろいろです。

私個人が思ったこと、いろいろあったことを書いてみます。

まずニードル調整ですが、濃いところから合わせていくのが基本です。
なので慣らし後は1タンクフルに甘いのでは?と言う位でフライトして、そこから細かく調整してみてください。
大事なのはグローの91エンジンのパワーが出ると思わないことです。
ついついパワーを出してしまおうとしてしまいますが、グローの91まで要求すると無理があります。
チューンドGSH-153Dだとそのあたりのパワーが出ますが、あくまでもノーマルよりパワフルになるので、余裕が出来るという調整が無難だと思います。
後燃料の差が大きく出るようです。混合比やオイルとかですね。
私はホームセンターの混合燃料を使っていますが、メーカーによってかなり混合比が違いますので購入する時は気をつけてください。
混合比は25:1が良いのですが、それでもグロー燃料のオイル比に比べると少ないのでニードルがシビアになると思います。

先日標高500mのところでフライトしてきましたが、ニードルが濃い目でした。
普段0mの所なので標高が高い分濃くなったのですが、これが逆だと薄くなるので標高が高い所から低いところで飛ばすときは気をつけたほうが良いですね。

あとタンクの不調を見かけました。
燃料チューブがガソリン専用なのでグローのチューブとは硬度が違うのもあると思うのですが、機体の姿勢で薄くなったりする現象をみました。
私が見た機体は水平なら普通なのですが傾けると薄くなります。

私もテスト中に何度かエア混入?な事有りました。それで思うのはサブタンクはどうなのかなと考えています。

マフラーテスト中に1度エンジンを壊した事有ります。
その原因は過回転でニードルがうすくなったことです。
ノーマルマフラーで全開飛行をしていて回しすぎが原因でした。
逆に3Dフライト時にはガバナーを使用しているので過回転は無いので問題無しでした。

実は3Dフライト時に1度墜落した事あるんです・・・・
それはテストした3Dマフラーが良く飛んだので調子に乗ってガンガンやっていたらイグナイターのBATTが脱落してエンジンSTOPしました(汗

なんだかんだでホームセンターの1L・2L混合燃料を結構買いましたが、これなら自分で混合した方が安いのでは?なんて思ったことありました。
しかし考えてみるとその都度未開封の燃料を買っていたので1度に多くの混合燃料を作って長期に使うより燃料の状態が安定していたのかな?と言う考えも有りますね・・・・







スポンサーサイト
プロフィール

s-room

Author:s-room
ひとまずここで復活です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
新たなS-ROOM
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。