スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジンにプーリーを取り付ける時・・・・(追記有り!)

皆さんご存知かと思いますが、自分に対する覚え書きもあるのでクラッチを組み込む時の注意点を・・・


DSCN1389.jpg

エンジンにプーリーを取り付ける時(特にテーパーコレット式)に締めすぎると回転が重くなってしまう場合があります。
組みあがったエンジンだとピストン等の抵抗で解りにくいので、エンジンをバラしてクランクだけ空回りする状態にして締めこむとよく解りますね。

よくあるのが、自分でエンジンをオーバーホールした時にベアリングがきっちり奥まで入っていないと締めこんだ時に重くなります。
そのまま飛ばしているうちに自然にベアリングが入る時がありますが、この時に緩んだ状態になるので注意が必要です。

私は毎回エンジンをバラしてクラッチを組んでいます。
ちなみに固いままで飛ばすとパワーが無いですね。やはり第1軸だけあって負荷に対して顕著に出ます。

以前調整を頼まれた機体がいまいちパワーが無かったんです。
で、その機体のエンジンを止めるとピタッと止まるんです。
まさか?と思いエンジンを降ろして回してみると回転が重いんです。
で、組みなおして飛ばすと明らかによくなりました。

私も急いでいる時に忘れていて、飛ばしてから異変に気がつく時がありますよ(汗


DSCN1395.jpg


DSCN1384.jpg

以前S-ROOM時代に作ったSPLレンチを手に入れたいとの問い合わせがありました。
画像はJR製VIBE90のプーリーです。
これにも対応しています。
勿論ほとんどの50クラス&90クラスの機体に使えます。

DSCN1383.jpg

テーパーコレット式なら真ん中のところを使えば簡単に抜けますからね。

ご希望の方はご連絡を・・・・


追記

入手希望のご連絡ありましたが連絡先がわかりません(連絡方法を書いていませんでした。すみません)

ブログ記事最後の拍手を押して非公開にすればブログ上には公開されませんので(今実験しましが見えてません)お手数ですが、再度ご連絡頂きますようよろしくお願いします。



スポンサーサイト
プロフィール

s-room

Author:s-room
ひとまずここで復活です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
新たなS-ROOM
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。