スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YS120SR&120FS-3Dの調整

ys1.jpg

遅くなりましたが、YS120SRと120FS-3Dマフラーの調整方法です。

注意! 私なりの調整方法ですのでやり方の1例としてみてください。

基本的には前に書きましたYS60SRの調整と同じで慣らしを8フライト位してからニードルを決めていきます。慣らしが出来ていないとニードルがさだまらないので、なじむまでは甘めでフライトしてください。

ピークの出し方は60と同じで高めのホバリング、もしくは3Dの回転数でホバリングしてちょっと濃い目にメインニードルをきめます。
決まりましたら、垂直上昇でサブニードルを決めて、後は両ニードルを1コマ単位で絞っていきます。
1フライト通しでニードルを決めてください。特に燃料後半で薄くならないようにあわせるのがコツです。

このメイン・サブニードルはどうなっているのか?ですよね?
今回私なりの方法ですが、ある程度見極める方法があります。

ys3.jpg

ダイアフラムからキャブに行くチューブを外してキャブにチューブをつなぎます。
そしてメインニードルを全閉にしてサブニードルを4回転くらい開けます。
そしてチューブから息を吹いてキャブを動かしてみてください。

ys2.jpg

このあたりからハイ側で空気が抜けると思います。
様はココからがサブニードルの領域となるんです。
今度は逆にサブニードルを全閉にしてメインニードルを4回転位開けてください。
そうすると逆になると思いますが、メインの場合はほぼ全体を制御しているようです。

今飛ばされている機体のスロットルカーブが調べた位置より上にある場合は3D時は殆どがサブニードルで動いている事になります。(注意 リンケージの差動により状態は変ります)(メインニードルからも流れてますのでメインを触ると変化します)
(例100-80-74ー80-100等)

ys4.jpg

私の機体はこの位置なのでほぼサブニードルの領域となります。
ただし、ガバナーを使用していると過回転時にこれ以下に閉じる事もあります。
なのでメインニードルとサブニードルのバランスが悪いとかぶりこんだり、薄くなったりします。
私が、ホバリングを3Dと同じ回転数にしてメインニードルを合わせるのは、普通にホバリング回転数を1400としてそれでメインニードルをあわせると、そのニードルで2000rpmの3Dホバリングをした場合中速付近が薄くなりますよね。
過度の演技中はフルスロットルに近いですが、降下とかホバーとかピッチを抜いた時に薄くなり焼けやすくなるんです。

過回転防止の為にガバナーを推奨しますが、ガバナーを使った調整方法としてこういう方法はどうでしょうか?

① ガバナーで使用する回転数を決める。
② フライトモード1に大体のスロットルカーブを作成する。
③ フライトモード2に1とおなじセッティングをしてガバナーをONにする。
④ フライトモード1をガバナーOFFにしておく。
⑤ フライトモード2(ガバナー制御)で大体のニードルをあわせておく。
⑥ フライトモード1にして2と同じ位の回転数になるようにスロットルカーブを作る。
⑦ フライトモード1のスロットルカーブを見てキャブ開度を把握する。
⑧ ニードルの把握が出来たらガバナーONにして再度調整する。

これでメイン・サブニードルのバランスが解ると思います。

以前YS60機でサブニードル全閉でフライトしたと書いていましたが、これはフルピッチを入れないで演技をしていたのと、メインニードルは全開付近も少し流れているから少しの間サブが全閉でも大丈夫だったんだという事になりますね。 
 
これで少しはニードルの働きが把握できると思いますので、調整する時にどっちを触る?て悩む度合いもへるのではないでしょうか?

スポンサーサイト
プロフィール

s-room

Author:s-room
ひとまずここで復活です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
新たなS-ROOM
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。