E6いろいろ・・・


DSCN1523.jpg

すでに皆さんやってらっしゃる方もいるかと思いますが、E6のいろいろを・・・+

注)改造や説明書に無い使い方は私個人のやり方ですので、実行される方は個人の責任でやってみてください。

DSCN1519.jpg


ピニオンギヤを外す時に下のプレートが当たってしまいますので、私は丸穴を楕円にけずりました。

DSCN1521.jpg

こうするとピニオンが外しやすいので、アンプ設定やギヤのメンテや交換が楽になりましたね。

DSCN1522.jpg

E6はパイプドライブなのでテールの調整が結構シビアに感じます。
テールがフラフラする時はジャイロ感度やテールグリップのベアリングの場合もありますが、写真のべベルギヤのバックラッシュを確認してみてください。
テールシャフトが左右にガタつくときはキットに付属していたポリスライダーを入れて調整してみてください。

そのテールのべベルギヤですが、E6のフロント側のべベルギヤは金属製でできていますね。
これは3Dフライトのラダーのリバース技にも対応出来るように金属ギヤになっています。
金属ギヤがかみ合う部分ですのでグリスアップ(モリブデングリス)は欠かさないようにしないといけないですね。

DSCN1515.jpg


私はラダー左右切り替えし技をしないので、試しにE6-500用の樹脂べベルを使用してみました。
片側(交換しやすい方)だけ変えてみました。
樹脂どうしや金属どうしより、樹脂と金属の方が減らないような気がしますので。
交換するときは金属べベルについているモリブデングリスを綺麗にに拭いてください。
でないとモリブデングリスが樹脂ギヤを削ってしまいますからね(汗

もし試される方は自己責任でお願いします!

追記

私の機体で3D中にラダーがピクつく症状がありました。
多分フロントのべベルギヤのバックラッシュかグリス切れによるノイズ?ではないかな?と思ってました。
そこで上記の金属と樹脂のべベルにしてみたら、ラダーのピクつきがなおりました。
勿論3D飛行しましたが、私のフライトでは樹脂べベルでも大丈夫そうです。






スポンサーサイト
プロフィール

s-room

Author:s-room
ひとまずここで復活です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
新たなS-ROOM
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR